米マイクロソフト社の「Microsoft for Startups」に採択され開発を加速

中堅・中小企業の販売を支援するITソリューションとITコンサルを提供するスタートアップ企業である当社は2022年1月に、米Microsoft Corporation(本社:米国ワシントン州)が提供する、スタートアップ支援プログラム「Microsoft for Startups」に採択されました。



「Microsoft for Startups」に採択されたことにより、マイクロソフト社の保有する技術を活用することで、顧客満足度を向上するレコメンドモデルの最適化などを実現し、販売支援システム「Union(ユニオン)」のサービス品質向上や新機能開発の推進を目指します。

<具体的な取り組み内容>

・ AI(機械学習)の研究及び開発の促進

・ 顧客が保持しているデータセットから、最適なレコメンドモデルを構築

・ 仮想化技術とコンテナ技術を活用し、顧客のITシステム環境にAIソリューションを迅速に提供


■Microsoft for Startupsとは

マイクロソフト社が提供し、世界140カ国以上で展開されているスタートアップ支援プログラムです。

当プログラムに採択されたスタートアップ企業は、Azureをはじめとするテクノロジーのサポートに加え、同社のパートナーネットワークを活用した、事業拡大に適した専用のリソースが提供されます。(Microsoft for Startupsの概要: https://www.microsoft.com/ja-jp/biz/startups/default.aspx )


■Microsoft for Startups採択の背景

「情報技術で顧客の輝く未来を創造」をパーパスとする弊社は、ECの販売支援システム「Union」を中核事業として、中堅・中小企業のEC販売をサポートするレコメンド・エンジンをリリースします。エンド・ユーザーの満足度を引き上げるこのレコメンド・エンジンは、同社の販売支援システム「Union」の一環をなす第1弾となるものです。本採択によるマイクロソフト様からの支援プログラムを活用し、中堅・中小企業のDX推進をサポートしてまいります。


PAGE TOP